ふすまを張り替える

日本人は昔から家にふすまがあります。ふすまはとても良いものですが壊れやすいです。特に子供が居ると壊してしまうことがよくあります。最近ではふすまの張り替えが低価格で行えるので調べてみましょう。

Read More

水回りを掃除

水回りというのはとても汚れやすいです。そのため、定期的に掃除をする必要があります。特にトイレなどは毎日使うので清掃が必要です。カビや水垢を掃除で落としましょう。

Read More

トイレのトラブル

トイレのトラブルというのはよくあります。特に多いのが、トイレットペーパーを詰まらせることです。また、ウォシュレットが正常に作動しない時もあるので、その時は業者に連絡をするようにしましょう。

Read More

オススメリンク

お風呂を考える

24時間風呂は名前の通り、いつでも思い立ったその時に、温かいお風呂に入ることが出来ます。風呂好きの日本人にとっては願ったり叶ったりではないでしょうか。24時間ということは、お湯を入れ替えなくて大丈夫なのか心配になる方もいるでしょう。24時間風呂はお湯を循環、保温、浄化しています。お湯は入れ替えませんが、常に衛生的なお湯を維持しています。毎分何リットルものお湯をフィルターで浄化し続けています。髪の毛やゴミを取り除き、さらに殺菌も行います。そのため通常のお風呂の2番目以降に入るよりも、きれいなお湯と言えるでしょう。 それでも水質が心配ならば、各メーカーのホームページには殺菌方法や水質検査の結果が掲載されていますので、確認してみてはいかがでしょうか。

24時間風呂はいつでも電気で保温しているので、電気代が高いのではないかと心配になるかもしれません。しかし電気代は1日当たり200円程度です。水道代、ガス代は安くなるのでトータルで見るとコストは安いと言えます。 このように安全性、経済性が高いため、家庭用の24時間風呂以外にも、スポーツ施設、レジャー施設など大浴場を完備している所でも積極的に24時間風呂が導入されています。医療施設や介護施設など衛生管理の厳しい所でも、24時間風呂が設置されています。 本体価格は機種にもよりますが20万円から50万円と言ったところです。省エネ型の給湯器でも10数万円かかりますし、水道代などのことも考えると、そう高い買い物でもないようです。